Drupal にインストールした Metatag Twitter Card を設定、Twitter Card の申請をしてみた

Module 紹介

Facebook, Twitter, Google+ などの SNS にブログの投稿を共有するのがいまどきの流行りである。

SNS の投稿に URL を貼ると、自動的に、タイトル、概要、サムネイル画像がその投稿に展開される。タイトルや、概要、サムネイル画像の指定は、Facebook の場合 Open Graph Protocol。Google+ の場合は Microdata を用いる。Microdata は各 HTML 要素の属性として指定できる。

Twitter の場合は、Twitter Card になる。

今回はこの Twitter Card の設定をメモとして残しておく。

Open Graph, Twitter Card は Metatag モジュールをインストールすれば OK。

Microdata は、各要素タグの属性として指定しなきゃならんので、テンプレートに直接書き込んだ。

Metatag の設定は、デフォルトのところに設定する。

画像が大きすぎると Twitter におこられるので、画像スタイルの medium の画像をしてやればよい。ただし、これをやるためには ImageCache Token モジュールが必要である。

各 node に設定してしまった Metatag は metatag テーブルから entity_type = 'node' のデータだけを消せば良い

具体的な SQL は下記の通り

DELETE FROM metatag WHERE entity_type = 'node';

(まだ途中なので、続きは近日中に書きますー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
  • Lines and paragraphs break automatically.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
1 + 9 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.